転ばぬ先の起業講座
年齢を重ねて、真剣に人生と仕事を考えるための企業サイト
  
   
『マーケティング おすすめの書籍』

最新起業の本    ビジネススキルの本   会社設立の本
                                 

起業に強い関心があるけど 何をしたらいいのか迷っている人へ
   【 マーケティングの本 】               
                                        
『外食マーケティングの極意』言視舎
   竹田クニ(著)  1836円(税込)


 流行を追うだけではわからない「変化」の本質は、業界初「大規模消費者調査・データ」からみえてくる。 これ1冊で外食産業の課題と未来がわかる。「街×ターゲット×シーン」マーケティングにより、「外食する人びと」11タイプ、「一人十色」等、即効性のツールを提供。◆若者の外食で巣鴨が2位? ◆外食伸び率第2位は埼玉県上尾市? ◆ワインバルの聖地はなぜできたのか? ◆外食マーケの基本は鳥、虫、魚の目 
        お求めはこちらから⇒
          
『はじめてのマーケティング』千倉書房
   小川 進(著)  1620円(税込)


 はじめてマーケティングを学ぶかたを対象に、イラストを交えてマーケティングのエッセンスを伝える。
          

        お求めはこちらから⇒
          
『カール教授のビジネス集中講義
             マーケティング』
朝日新聞出版
   平野敦士カール(著)  1620円(税込)


 写真と年表で、マーケティングの歴史・理論がまるわかり!実務家、経営コンサルタント、作家、大学教授として活躍する平野敦士カールが、いま、もっとも新しい「マーケティング」をまとめました!理解が深まる「テスト」付き!
         
         お求めはこちらから⇒
          
『集客・マーケティングから会社設立 資金調達まで
  起業の疑問と不安がなくなる本 』
日本実業出版社
   中野 裕哲(著)  1620円(税込)


 経済産業省が後援する起業支援サイト「ドリームゲート」で相談者数3年連続日本一の実績をもつ人気起業コンサルタントが、起業家が共通して抱く疑問と不安に本音で回答。実践的な知識とノウハウを身につけて、起業の成功確率を今よりもっと高めよう

          お求めはこちらから⇒
          
『シリコンバレー流 起業・マーケティング』秀和システム
   市位 謙太(著)  1728円(税込)


 起業して人生を豊かにしたい! でも、起業なんて難しいし、失敗したら夜逃げじゃないか。そう思っているのでしたら、あなたの起業に対するイメージは少し古いかもしれません。
 本書は、アメリカ国務省の起業家プログラムで学び、日本で起業支援をしてきた著者の経験をもとにシリコンバレー流の起業・マーケティングの最新のノウハウを解説します。売れるカラクリさえ身につければ、少しの軍資金とアイデアで理想の人生が手に入ります
      
          お求めはこちらから⇒
           
『マーケット感覚を身につけよう「これから何が
 売れるのか?」
    わかる人になる5つの方法 ? 』
ダイヤモンド社
   ちきりん(著) 1620円(税込)


 月間200万PVの超人気ブロガー・ちきりんの最新作。マーケット感覚とは「社会の動きがこれからどうなるのか」「いま何がいくらで売れるのか」などがわかるアンテナやセンサーといえるもの。市場化が進む社会においてキーとなるこの新しい概念を、多様なビジネスと社会的事例を知る著者ならではの筆致で解説する
         
           お求めはこちらから⇒
           
『図解&事例で学ぶマーケティングの教科書』マイナビ
   シェルパ(著)  1382円(税込)


 「マーケティング3.0」「クロスSWOT」「バイラルマーケティング」など、基本から最新知識までコンパクトに解説しました。これ1冊で「マーケティングとは何か?」をはじめ、市場分析、商品開発、販促PR、ブランディング、WEBマーケティングといった、マーケティングに必要な知識を学べます
             
            お求めはこちらから⇒
          
『マーケティングの嘘:
  団塊シニアと子育てママの真実 』
 新潮新書
   櫻井 光行 , 辻中 俊樹(共著)  756円(税込)


 市場調査で一般的に使われる定量的マーケティングは、しばしば偽物の消費者イメージを作り出す。たとえば「若い母親の料理は手抜きだらけ」「シニア層の散歩は健康目的」などだ。しかし、著者の開発した「生活日記調査」は、全く異なるリアルな消費者の姿を浮かび上がらせる

            お求めはこちらから⇒
          
『時代をつかみ、顧客に応える マーケティング』
                  
KADOKAWA/中経出版
   近藤 隆(著)  1512円(税込)


 これからの時代を生き抜くビジネスパーソンとして身につけておきたい必須のビジネス知識・スキルを、動画と書籍の二通りの方法で学ぶことができます。動画は、パソコンやスマホートフォンがあれば、視聴場所を問わないウェブ配信。
 スマホやWi-Fiの電波がつながる場所であればどこでも視聴することができ、忙しいビジネスパーソンでも空いた時間を有効活用できます
            お求めはこちらから⇒
          
『図解 マーケティングの教科書 ムック』日経BP社
   日経デジタルマーケティング(著)  1080円(税込)


 分かりやすいカラーの図解と解説文で、マーケティング分野に詳しくない人や、若手ビジネスパーソンでも最新マーケティングの基本から最新トレンドまでをひと目で理解できるムックです。複雑なマーケティングテクノロジーの全体像を直感的に理解いただけ、デジタルマーケティング施策を企画・検討・実施する際などに使っていただけるコンテンツです。マーケティング担当者はもちろん、幅広い部門・職種のビジネスパーソンの方にお読みいただきたい一冊です
            お求めはこちらから⇒
          
『ワンカップ大関は、なぜ、トップを走り続けることが
  できるのか?  新たな食文化を創った
          マーケティング戦略』 
ダイヤモンド社
   ダイヤモンド・ビジネス企画(著) 1620円(税込)


 それは食品史上最小、最深のイノベーションだった。持ち運べるコップの形状、飲み飽きしない「旨味」、画期的なカップ酒を生みだした背景に何があったのか?
            お求めはこちらから⇒
          
『マーケティングの基礎』 実教出版
   小林 一 , 篠田 勝之(著)  1836円(税込)


 専門知識をわかりやすく解説したヴィジュアル豊富なテキストシリーズ。 平易な記述と豊富な図版でわかりやすく解説されています。

 第1章 現代市場とマーケティング 第2章 市場調査 第3章 消費者行動  第4章 販売計画
           
           お求めはこちらから⇒
          
『広告なのにシェアされる
       コンテンツマーケティング入門』
宣伝会議
   谷口マサト(著)  1728円(税込)


 「大阪の虎ガラのオバチャンと227分デートしてみた!」「忍者女子」など、ネットで話題の数々の人気コンテンツの仕掛け人が初めて明かす、「広告なのにシェアされる」コンテンツマーケティング実践論。
 「ネット上で話題になり、バズるコンテンツをどう作るか?」「効果にどう結び付けるか?」「ステマ扱いされないようにするには?」などをテーマとして、実例と作り方を解説
           お求めはこちらから⇒
          
『サラサラ読めるのに
 ジワッとしみる「マーケティング」のきほん 』
翔泳社
   庭山 一郎(著)  1512円(税込)


 この本は、はじめてマーケティングを学ぶ方、新入社員や他部署からマーケティング部門に異動になってきた方などを対象に、その「楽しさ」を伝えることを目的に書かれた入門書です。
 マーケティングを「売れる仕組みを創ること」と定義して、その仕事の役割や考え方、戦略などについて、25年以上マーケティングに携わってきたプロフェッショナルである著者が、一から親切・丁寧に解説します。
          お求めはこちらから⇒
          
『選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう
  心理マーケティング』
 でじじ発行/パンローリング発売
   武井則夫(著)  1620円(税込)


 高額でも飛ぶように売れる商品もあれば、いくら値段を下げても売れない商品もあります。お客様が列をなす会社もあれば、どんなに頭を下げて売り込み行っても売れない会社もあります。この差を生みだすのが「理由」なのです。
「お客様が買う理由」を伝えれば、選ばれる。だから、企業は「選ばれる理由」を用意する必要があります。これが、著者が提唱するどうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングです
           お求めはこちらから⇒
          
『ノヤン先生のマーケティング学』 翔泳社
   庭山 一郎(著)  2052円(税込)


 ノヤン先生の話は骨太で本格的ですが、とってもわかりやすいと評判です。「STP」「SWOT分析」「ホールプロダクト戦略」といったマーケティングの代表的な理論やフレームワーク、展示会やセミナーなどの現場で起こったエピソード、さらにはマーケティングから見えてくる日本企業の未来まで、この1冊で広く知識を身につけることができます。
 初学者の方には、基礎から奥深いところまで隅々まで学べる「なるほど! 」を、ベテランの方には、ノヤン先生のアカデミックな語り口から生まれる「そう来たか! 」をお届けします
          
            お求めはこちらから⇒
          
『買わせる発想 相手の心を動かす3つの習慣』講談社
   岡田 庄生(著)  1080円(税込)


 「そんな発想はなかった!」と上司に言わせる「新商品アイデアが、いつもボツになる」「商談でよく、商品のベネフィットがわかりにくい、と言われる」
 そんな悩みには実は、「発想のクセ」が隠されている。スペック依存発想、表層的なターゲットの切り分け、フレームワーク発想などの「発想のクセ=罠」から脱却し、相手の心を動かし、「買わせる」ための「筋トレ」本
            お求めはこちらから⇒
          
『 キーパーソン・マーケティング:
 なぜ、あの人のクチコミは影響力があるのか』

                        東洋経済新報社
   山本 晶(著)  1620円(税込)


 ソーシャルメディアが台頭する中で、絶大な影響力を持つ「キーパーソン」の正体。慶應ビジネススクール初の女性准教授による意欲作 「 影響力のプラットフォームが変わる」「キーパーソンをビジネスに活用する」「キーパーソンにまつわる理論と課題」
      
            お求めはこちらから⇒
          
『不変のマーケティング』フォレスト出版
   神田昌典(著)  1680円(税込)


 集客が上がらない、商品が売れないのだとしたら、その原因は「根本的なお客様集め」の仕組みにあるからです。それさえ解消できれば、目の前にいるお客様に確実にリーチできます。その方法とは、実は“アナログ”のマーケティングにあったのです。
 時が経てば経つほど、効果を発揮するノウハウの塊。
記憶喪失になっても覚えていたいマーケティングの原則。
これらがドンと詰まった1冊です
          お求めはこちらから⇒
          
『選ばれる理由:どうしても売上と利益が増えてしまう
        心理マーケティング 』
 現代書林
   武井 則夫(著)  1470円(税込)

高額でも飛ぶように売れる商品もあれば、いくら値段を下げても売れない商品もあります。お客様が列をなす会社もあれば、どんなに頭を下げて売り込み行っても売れない会社もあります。この差を生みだすのが「理由」なのです。
 「お客様が買う理由」を伝えれば、選ばれる。だから、企業は「選ばれる理由」を用意する必要があります。これが、著者が提唱するどうしても売上と利益が増えてしまう心理マーケティングです
           お求めはこちらから⇒
          
『最新 マーケティングの教科書』日経BP社
   日経デジタルマーケティング(著)  1050円(税込)


 営業やITプロフェッショナルといった、マーケティング分野に詳しくない人でも、マーケティングの基本から最新トレンドまでを、ひと目で理解できる構成になっています。基本から最新までの必須キーワードを、第一線で活躍している識者が「1ワードにつき見開き2ページ」で分かりやすく解説。
 提案書や資料づくりに役立つ、先進企業の最新事例や、ほかでは手に入らない調査データ・ランキングも豊富に収録します
           お求めはこちらから⇒
         
『マーケティングに役立つ統計の読み方』
            日本能率協会マネジメントセンター
   蛭川 速(著)  1680円(税込)


  ビッグデータ時代の分析技術の知識と実務での活用法を図表や事例を使って、解説しています。
 とくに数字アレルギーの方にも楽しんでもらえるように、基本的に数式を使わずに解説しています。
 数式を使わない代わりに、グラフを多用することで「読んで、見て理解する本」にしました
        お求めはこちらから⇒
          
『「マーケティング」ってそういうことだったの!?』
                          あさ出版
   豊田 裕貴(著)  1470円(税込)


  ビジネスの世界で「マーケティング」という言葉を一度も聞いたことがないという人はいないでしょう。 でも、それが一体何か、何をすることなのか、と聞かれて正確に説明できる人は少ないと思います
 そこで、「マーケティング」の基礎をイチから理解できる本を企画しました。
 本の中では、新人OL・花森さくらが、先生と対話をしながらマーケティングの知識を広げていきます。 マーケティングのことなんてまったく知らないという人
        お求めはこちらから⇒
          
『 宅急便を創った男
    小倉昌男さんのマーケティング力』
白桃書房
   中田信哉(著)  1,800円(税込)


 トラック運送の業界団体で小倉昌男氏と三十年近く交流のあった著者。宅急便が開発され、世界的に評価されるまでを、物流・マーケティング的視点で語ったエッセイ。
 「会社のみんなが反対したから、天の邪鬼な小倉さんは宅急便を始めた」こうした「宅急便伝説」は、すべて後でとってつけた「面白い話」である。宅急便は初めからマーケティング的な存在だったのである。

       お求めはこちらから⇒
  
『図解 マーケティング思考が
      驚くほど身につく本』 
学研パブリッシング
   安原智樹(著)  1,050円(税込)


 モノが売れない時代に、いったい何を考え、どのように行動すれば結果が出せるのか?
 
図解を駆使して初歩の初歩から親切コーチ。忙しくてもササッと読めるハンディタイプの超・カンタン本です
      
         お求めはこちらから⇒
   
『価格の心理学 なぜ、 カフェのコーヒーは
     「高い」と思わないのか? 』
 日本実業出版社
   リー・コールドウェル(著)  1,680円(税込)


 「価格」をテーマに、ポジショニングやPR、マーケティングなど多様な商品戦略を解説する書。期待の新ドリンク「チョコレートポット」は、価格帯の高いカフェマーケットに参入することになった。絶妙な価格戦略で、ロイヤルカスタマーを獲得できるのか!?

         お求めはこちらから⇒
   
『仕事をまかせるシンプルな方法―
9割がパート・アルバイトでも繁盛店になれる! 』
商業界
   岡本 文宏(著)  1,500円(税込)


 「人に任せるよりも自分でやった方が早いし安心…」 これは経営者、マネージャーの本音のつぶやきではないでしょうか。
              
                大手コンビニチェーンの店主だった著者が、自らの過酷な経験から編み出したのは、スタッフに「仕事をまかせる」というシンプルな方法でした。仕事をまかされたスタッフは見る見るうちに目の色がかわり、著者の店はついに「自発的に動くチームに生まれ変わっていくことになった」のです
          お求めはこちらから⇒
   
『リピート率90%超! あの小さなお店が
   儲かり続ける理由』
 クロスメディア・パブリッシング
   中谷 嘉孝(著)  1,449円(税込)


 著者はヘアコンテスト全国大会で優勝した実力を持つヘアサロン経営者。そのユニークな手法でリピート率90%という驚異的な数字をたたき出しています。
 本書では、実際に著者が行っている様々なマーケティングの手法を、成功事例だけでなく失敗談まで余すことなく紹介。努力してもなかなか売上が上がらず悩んでいる小売店オーナーや、開業して成功をつかみたい人のために著者が伝授する、伝説の店のブランド戦略
          お求めはこちらから⇒
  
『 マーケティング立国ニッポンへ ~デジタル時代、
         再生のカギはCMO機能~』
 日経BP社
   神岡太郎(著)  2,100円(税込)


 100円惣菜。それは、セイコーマートの代名詞ともいえる存在だが、
実のところこれは同社が名づけたものではないという。

 ビッグデータやスマートデバイスの普及によるデジタル時代、一人のCMOの活躍ではなく、マネジメントと組織力で成功する日本企業のマーケティングに迫る。

          お求めはこちらから⇒
   
『いいね!がお金に変わる魔法のマーケティング』
                    
  フォレスト出版
   川上徹也(著)  1,470円(税込)


 「これからのビジネスは『共感』が大切だ」 その共感をどうやって売り上げに結びつけるか分からない。そこが知りたい。マーケティングに関わる多くの方から 最近、そのような声を良く聴きます。
              
 これからの時代、「Win=Win」のような胡散臭い言葉よりも「LOVE=LOVE」のような強固で下心のない関係を築くことが重要です。まるで恋人に勧めるかのように、魔法のマーケティングを使えば・仕事を楽しんで・しかもきっちり儲けを出す ことができるのです。
          お求めはこちらから⇒
    
『集まっちゃうしくみ 集客をやめれば
        お客様がドンドンやってくる 』
 つた書房
   谷田貝孝一(著)  1500円(税込)


 だれでもできる「当たり前」、実はできていないかも!?あなたはお客様の本音をちゃんと訊き出せていますか?

 現在の商圏・売上・業態は関係なし。既存客が勝手に新規客をつれてきてくれる方法。全国から続々届く実践者の成果報告
               
          お求めはこちらから⇒
   
『お客の心が読めるメガネ』 かんき出版
   竹内 謙礼(著)  1,365円(税込)


 目の前にいるお客さんの本音を覗けたら、私たちはもっと儲けることができるのだろうか?

 本書は、「お客の声」を活かした販促手法を学ぶストーリー形式のビジネス書です。お客さんの声を、どのように捉えれば、正しいマーケティグができて、どのように活かせば、売上に必要な販促アイデアが引き出せるのか。その他、難しい顧客データの“使い方”についても、スピーディなテンポのストーリーでわかりやすく解説していきます。

            お求めはこちらから⇒
  
『ビッグデータ時代の新マーケティング思考』
                  ソフトバンククリエイティブ
   横山 隆治、海老根 智仁(著)  1680円(税込)


 マーケティングに関して、データを参照することにより、新たなターゲット像が見えてくる。人の経験と勘をたよりに顧客を想定し、4P(Product=製品、Price=価格、Place=流通)の視点で売り方を決めていくというだけのスタイルはもはや通用しない。

 本書では、日本におけるデジタルマーケティングの第一人者である二人が、ビッグデータの時代に何が可能になっているのか、具体的に紹介しつつ、それによりマーケティング、はたまたビジネスのあり方がどう変わるかをわかりやすく語り尽くす
             お求めはこちらから⇒
『欲望のマーケティング』 ディスカヴァー・トゥエンティワン
   山本 由樹(著)  1,050円(税込)

これからのブルーオーシャンは、「探す」のではなく、「創る」もの!「美魔女ブーム」を巻き起こし、新マーケットの開拓に成功した著者(雑誌『STORY』、『美ST』の元編集長)が教える、新しいマーケティングの秘策とは!?
 美魔女とは?彼女たちのブームを機に、新たに生まれたアンチエイジング市場(コスメ/健康食品/ファッション/ヘアケア/エステティック/美容医療等)は、いまや 1 兆円以上。新しい顧客の創造、商品開発…等に悩む方、必読の 1 冊です
       
            お求めはこちらから⇒

   
ザ・マーケティング【実践篇】』 ダイヤモンド社
ボブ・ストーン、ロン・ジェイコブス(共著)
        神田昌典 (監修)     3,990円(税込)


 画期的アイデアが生まれるコピーライティングと発想法。発想のヒントからマーケティングの調査、実践、検証まで完全網羅。

 ノースウェスタン大学など、全米トップスクール37校の教科書。世界中で40年近く読み継がれる名著がついに邦訳。ボブ・ストーンの「7ステップ」がはっきりわかるキプリンガー・レターは要注目!
 
              お求めはこちらから⇒
    
『 図解マーケティングリサーチの進め方がわかる本』
             日本能率協会マネジメントセンター
          石井栄造(著)  1,680円(税込)


 マーケティングリサーチの実務家が、インターネットによって激変したリサーチの基本プロセスや実務ポイントを初心者でもわかるように、数式をほとんど使わずに解説しました。 とくに、定性調査を充実させました。
 冒頭で、マーケティングリサーチが企業や団体にとってどれほど重要かを述べた後、実施手順やグループインタビューの進め方、新商品開発やブランド調査など個別のテーマごとにそのポイントを図解で説明します。                  
               お求めはこちらから⇒
   
『儲ける会社!が知っている
  結果の出るマーケティングのやり方・使い方 』

                         明日香出版社
   村松 勝・吉田隆太(共著)  1,575円(税込)


 マーケティングを簡単に習得することができる一冊。マーケティングの構成要素を「差別化」「魅力化」「効率化」の3段階に分け、それぞれのステップを簡単にまとめている。
                   
 小難しい理論は省き、事例を通じて誰でもわかるように、シンプルで平易に解説してある。横文字はできるだけなくした点が特徴。
                お求めはこちらから⇒
   
『最新マーケティング戦略の基本がよ〜くわかる本』
                       
秀和システム
   宮崎哲也(著)  1,890円(税込)

          
 マーケティングの基礎から最新理論までを解説した実践力が身に付くマーケティング入門書です。
 本書では、マーケティングの理論と戦略について、図表を交えながら初心者にもわかりやすく解説。企業価値を支えるステークホルダーを満足させ、企業価値を高めるというマーケティング思想を元に、マーケティングの意味、SWOTやPEST分析などの環境分析手法、イノベーション戦略、価格戦略、流通チャネルやプロモーション戦略、マーケティング3.0とCSR3.0について学びます。また、インターネットの活用で再注目されるDRMや企業価値の向上に重要な役割をはたすCSRについても言及しています。
       
               お求めはこちらから⇒
    
『実践ソーシャルメディア・マーケティング』
                        
朝日新聞出版
   ジム・スターン著/酒井泰介訳  2,310円(税込)

    
 ツイッター、SNS、ユーチューブ、ブログなどのソーシャルメディアをやみくもに活用しても、期待しているマーケティング効果は得られない。ツイッターのフォロワーを増やせばいいというものではない。
 ソーシャルメディアをどう活用するべきか? その効果をどう測定すればいいのか? オンライン・マーケティングの第一人者が本当に効果的な活用法を公開する。すぐビジネスに応用できるアイデアが満載の一冊           
                お求めはこちらから⇒
  
『マーケティング思考法』 東洋経済新報社
   数江良一(著)  2,520円(税込)

 
 調査、分析、企画、実行のマーケティングの実務に即した入門書です。概念の説明にとどまらず、概念の根底にあるものの考え方、それをさまざまな企業環境の中でどう活かしていくかを解説しています。
 管理志向からマーケティング志向へ 第1章 環境分析 第2章 提供価値の概念化 第3章 顧客価値決定のメカニズムを探る 第4章 創り、伝え、届ける 第5章 4P再考――マーケティングの留意点
                     
                  お求めはこちらから⇒
    
『「買わない」理由、「買われる」方法』 朝日新聞出版
   松田久一(著)  1575円(税込)


    デフレ環境下、収入が十分にあっても、消費を増やさない傾向が強まっています。“なぜ、買わないかのか”、“なぜ欲しがらないのか”。 「ジェイ・エム・アール生活総合研究所」社長で、多くの戦略経営の実務を経験してきた著者が豊富な研究データを基に、現在の消費者心理を分析。「消費」に抵抗のある人々への効果的なマーケティング法を提案し、“買わない人々”へ向けた、新たな「買わせる手法」を解説しています。
                  お求めはこちらから⇒
   
『お客さまの“生の声”を聞く 
    インタビュー調査のすすめ方』
 実務教育出版
          
   福井遥子(著)  1,890円(税込)


 新商品・サービスを開発するとき、思うように売れない原因を知りたいとき、リニューアルを図りたいときなど、購買者や利用者の“生の声”ほど参考になる情報はありません。
 本書は、調査のプロでない実務担当者向けに、インタビュー企画の立て方、上手に話を聞き出す手法、発言情報の分析法、戦略へ生かすためのヒントを具体的に紹介しています
                         
                  お求めはこちらから⇒
  
『朝のカフェで鍛える 実践的マーケティング力』
                       
秀和システム
   永井孝尚(著)  1,575円(税込)


 通常のマーケティング理論書と一線を画す、法人向け「B To B」に特化したマーケティングの理論と実務を、物語仕立てでわかりやすく解説した顧客志向のマーケティング入門書です。
 会計ソフト会社に勤務する主人公、宮前久美が現場で遭遇するさまざまな問題を乗り越える姿を通して、法人向けマーケティングの背景となる理論や考え方を物語仕立てで紹介していきます
                    
                  お求めはこちらから⇒
『売れる会社のすごい仕組み』 青春出版社
   佐藤義典(著)  1,500円(税込)

 
売れる会社には、必ず「仕組み」があります。 “売上が伸びない”、“利益が上がらない”という悩みには、「マーケティング戦略」を基にした「売れる仕組み」が役に立ちます。
 イタリアンレストランを舞台に、仕組みの作り方、戦略の立て方をストーリーで平易な言葉で解説しているのが本書。開業前に、売れる売れる仕組みを知っておいて、それから会社を立ち上げても決して遅くはありません。
                 
お求めはこちらから⇒
『マーケティングの基本とコツ』 学習研究社
   安原智樹(著)  1,155円(税込)

 
マーケティングでは、最初にどんなことをするとよいのか? マーケティングを活用する方法とは? マーケティングのセンスをどのように磨く? など、マーケティングの基本と実践のコツがわかりやすく学べる一冊です。
 企業向けマーケティングの仕組み作りに定評のある、気鋭のマーケティングコンサルタントが親切指導。これから起業を考える人にとって、マーケティングの第一歩には役立つ内容です。
                
               
お求めはこちらから⇒
『実戦マーケティング思考』 
             日本能率協会マネジメントセンター
   佐藤義典(著)  1,575円(税込)

 
マーケティング思考と云いますと、その多くは論理思考のフレームワークを使ったものが中心です。しかし、マーケティングの現場では論理思考だけではなく、心理面や人間性をも考えながら、マーケティング課題を考えています。
 本書はそうした実情を踏まえながら、「論理思考」と「イメージ発想」を融合させ、現実的な思考法のトレーニングを行います。使うツールはたったの7つ。実践に役立つ1冊と云えます。

               
お求めはこちらから⇒
          
『稼げる「キーワード」』 

               インデックス・コミュニケーションズ
   時枝宗臣(著)  1,575円(税込)

 現代は、すべての会社、どんな職種でもインターネットを無視して売上を伸ばすことは不可能といっても過言ではない。
 インターネットは常に新しい稼げる仕組みを生み出しますから、いつの時代でも遅いスタートということはありえません。そのために必要な、ホームページやブログにたくさんのアクセスを集められるサイト展開と、そのアクセスを売上げに結び付けるノウハウをまとめたのが本書。
                
お求めはこちらから⇒
『 笑うマーケティング 』 NTT出版
   竹中雄三(著)  1,575円(税込)

 
マーケティングは、起業で失敗しないためのノウハウの蓄積です。そこで、リスクを洗い出して徹底調査して……としていくうちに、面白みのないものばかりになってしまいます。
 ただ、その過程では、かなり奇抜なアイディアが生まれます。本書は、その愉快な過程をカミングアウトしたものです。元電通マンのアイディア、思考の笑える種です。
           
                 
お求めはこちらから⇒
『儲かる会社のマーケティング
         モノづくり 売るしくみ』
   中経出版
   村上 悟ほか(著)  1,470円(税込)

 
現在は、モノの売れない時代です。この「売れない」「儲からない」という「低収益スパイラル」を脱するために、TOC思考を使い「モノを造って(製造)、顧客を創り(マーケティング)、それを売る(営業)」という、ビジネス本来のシンプルなサイクルをつくりあげる方法を、わかりやすく解説しているのが本書。
 混乱したときには、原点にもどってシンプルなカタチに戻して考えることが、時代を理解する一番の方法のようです。

                   
お求めはこちらから⇒
『マーケティングの実践教科書 』 
            日本能率協会マネジメントセンター
   池上重輔(著)  1,680円(税込)

 SWOT、4P、製品ライフサイクル・・・。マーケティングの用語と概念はわかったつもりでいても、いざ実務に使おうとすると難しいもの。
 本書は、マーケティングの基本知識と全体像をしっかりとおさえつつ、豊富な事例と解説によって、それらをしっかり“実践できる”レベルにまで高めます。マーケティングという“強力な武器”を手に入れると、明日からの仕事が変わります。

                    
お求めはこちらから⇒
『あたりまえだけどなかなかできない 集客のルール』
                         
明日香出版社
   岡本士郎(著)  1,365円(税込)

 「
お客さんを呼び込みたい」、「リピーターを増やしたい」と思うけれど、ノウハウがまったくない。いろいろと試したけれど、うまくいかない。そんな人に集客する技術・方法・コツを100のルールで説明している。
 マーケティングを基礎として、広告・顧客対応・口コミ・店頭などの視点から集客の技術を紹介する。効果的な広告の作り方、媒体の選択方法、ネット活用術、クレームの処理、口コミなどを駆使して、お客さんに愛される店舗作りを学ぶことができる。

                      
お求めはこちらから⇒
『 そうそう、これが欲しかった!』 東洋経済新報社
  小阪裕司(著)  1,680円(税込)

 
最近のマーケティングは、消費者心理を起点にニーズを探る心理学の世界に入っている。本書の表題の「そうそう、これが欲しかった!」は、お店の売り場で確実に買ってくれるお客さんの口から出る言葉。
 人間の行動と感性に着目して「感性のマーケティング」を基本のフレームワークにしており、実践ステップを体系化して売上げを5倍増、10倍増した実例が豊富に乗っている。

                    
お求めはこちらから⇒
 『超地域密着マーケティングのススメ』 明日香出版社
   平岡智秀(著)  1,523円(税込)

 
次第に固定化しているわが国の商圏。特に、大都市圏を除くとほとんどの都市は、超地域密着型の商圏と化しています。
 
地元地元と言いながら、実は知らないことばかり・・・。 地域の特性と自社の強みを再認識し、お客様志向のマーケティングで自社を地域NO.1の会社に育てる方法を解説しているのが本書。人口が流動しない地域、情報が更新されない地域での商売法を知るには、最適の一冊である。
                   お求めはこちらから⇒
『儲けのトリックが面白いほどわかる本 』
                        河出書房新社
  今村研司/現代ふしぎ調査班(著) 980円(税込)

人間とは、モノゴトを判断にあたったて、錯覚と思い込みの動物と云われる。ビジネスの世界では、この錯覚と思い込みを密かに狙いうちして、巧妙なトリックを仕掛けることで、利益に結び付けようと色んな企みが図られている。
 飲食業や小売業などの個人消費から企業間取引きまで、ビジネス上のあらゆるトリックを例示して、儲ける仕組みを解明してみせる面白本!
                 
 
お求めはこちらから⇒
『 マーケティングは他社の強みを
        捨てることから始まる』
  明日香出版社
   森本尚樹(著)  1,575円(税込)

 
多くの会社は、同業者がヒット商品を出すと、差別化と付加価値をつけた類似商品の販売に走りがち。
 本書は、現状のこの傾向に警鐘を鳴らす。対抗策として、お客 さんから圧倒的な支持を得るオリジナル商品を作るための体制と 発想法を説く。マーケティングの常識を疑ったうえで、新商品を作 るための3ステップ法を紹介している。
                    
お求めはこちらから⇒
『成功するロングテールのつかみ方 』 中経出版
   山崎潤一郎(著)  1,365円(税込)

 ネット通販において、「ロングテール」現象はこれまでのリアルの販売方法を根底から覆す。
 Web2.0の時代、ニッチでマニアックすぎて商売にはならないと思われたスモールビジネスにも、大きなチャンスがやってきている。ロングテールの基本思想を理解し、活用することで、ネット通販での成功に向けて限りなく前進が可能だ。
 参考事例も数多く掲載されている。
                     
お求めはこちらから⇒
『儲かるお店だけがやっている
        ほんのちょっとの仕掛け 』 
ぱる出版
    河野英俊(著)  1,575円(税込)

 起業をしてお店を出すと、その後にあるのは売れる店か、売れない店か、どちらかしかない。売れる店も最初から売れているわけではなく、ある種のちょっとした仕掛けの積み重ねだ。
 本書は、
○×式で売れる店と売れない店の違いを、一目でわかるように解説している。売るための正しい売り方を身につけることによって、繁盛店を作るノウハウを学べる起業家にはお勧めの一冊だ。
                      
お求めはこちらから⇒
『 「一人勝ちマーケット」を狙え! 』 実務教育出版
   平林千春・廣川州伸(共著)  1,890円(税込)

 評価の高いマーケティング本、「花王 強さの秘密」を書いたコンビが、ウィンウィンの時代に一人勝ちマーケットに狙いを定めて書いたのが本書。
 成熟マーケットでは、いくらパイ争いをしても結果はジリ貧なのが分っている。誰も目をつけなかった、人々のニーズさえ芽生えていないすき間市場の中に、将来有望な市場のタネを探すこと。これまでの多数の事例を紹介しながら、新しい起業チャンスの方法論を分りやすく解説している。

                      
お求めはこちらから⇒
 『図解 やさしくわかるネットマーケティング』
              日本能率協会マネジメントセンター
   是永 聡(著)  1,680円(税込)

 ITの専門知識のない人が、インターネットの本質を把握することで、インターネット上のマーケティングコミュニケーションをどうすすめるとよいか、着想が湧き、今すぐに具体的なアクションに移ることができることを、ゴールにしたイメージで書かれている。
 マーケティングに関わる者として、インターネットをどう捉え、どう取り組むのか、本質的な視点を中心に分かりやすく解説している。
                    
お求めはこちらから⇒
 『「団塊」退職で変わる経済伸びるビジネス 』
                        東洋経済新報社
   日本総合研究所(編)  1,890円(税込)

 日本経済の行く手には、人口の減少、少子・高齢化社会の到来という大変な環境変化が待ち構えている。
 大変動がもたらすであろう、将来のマクロ経済、企業経営、消費の構造変化などを予見し、高成長が見込まれる産業分野の新たなビジネスチャンスを示した必読書。
 マーケティングの観点からこの変化をみると、起業の進め方が見えてくる可能性が高い。
                    
お求めはこちらから⇒
 『 オンライン・マーケティング&ネット広告
     HANDBOOK 』   
          翔泳社
   大山 忍(著)  1,995円(税込)

 ネットビジネスでは最も重要な、SEO、メール広告、PPC、アフィリエイトなどの手法を網羅的に扱っており、マーケッターにとっては広告実務の「イエローページ」とも呼べる一冊。
 ネット広告手法の選び方、予算の立て方、代理店・サービスの選び方を業務フローに沿って紹介してある。初めてでも効果的なオンライン・マーケティングが実践できる、宣伝・マーケティング担当者にとっては必携の書だ。
                    
お求めはこちらから⇒
 『 世界一わかりやすいマーケティングの本 』
                       イースト・プレス
   山下 貴史(著)  1,470円(税込)

 最新キーワードと理論によって、売れる商品やサービスの秘密を分析しているので、読み手としてはとても理解しやすい内容にまとめられている。
 マーケティングを会議やプレゼンテーションの場だけでなく、身近な買い手の立場から解説していて、確かにマーケティングが身近になって、実践的な利用に向いている。日本一分かりやすいマーケティングで売れら著者が、世界に挑戦した一冊だ。

                  
お求めはこちらから⇒
 『 常識の壁をこえて 』  阪急コミュニケーションズ
   ダン・S・ケネディー(著)  1,575円(税込)

 「ポジティブ思考」、「生まれつき、素質がないと」、「大学くらい出ていないと」、「運なんて関係ない」など、これまで起業の常識とされてきた事柄のウソを、米国マーケティング界の第一人者が鋭く論破しながら、各テーマの中にマーケティングの流れを読むレベルの高い一冊。
 決して読後感が良かったり、感動することはないが、成功を勝ち取るために、どの程度他人を怒らせる勇気があるかに比例する、とした論旨には感心させられる。
                      
お求めはこちらから⇒
 『 ロングテールの法則 』   東洋経済新報社
   菅谷 義博(著)  1,575円(税込)

 わが国では、初めて登場するネットビジネス・マーケティングの新手法を解説した書。
 これまでのマーケティング論では、80対20の法則(売上げの8割は2割の優良顧客によって支えられている)が説得力を持っていたが、ネットビジネスにおいては優良顧客以外の顧客(ロングテール)の売れ行きが、店舗の将来を左右するとする法則を分かりやすく分析している。ネットショップ関係者には、必読の一冊だ。
                     
お求めはこちらから⇒
 『 なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか 』
                         ダイヤモンド社
   藤原 久美(著)  1575円(税込)

 高度情報化のIT時代に不思議に思われるかも知れないが、御用聞きビジネスが底力を発揮して急激に広がっている。
 著者は、社会起業フォーラムの副代表で、フィールドワークとして元気企業に精通していることから、女性の目線で売るだけの商売から聞く商売への転換を説いている。
 不振の小売業者にとっては、手法や戦略の見直しを進める上で価値ある一冊。気楽に読めるところがありがたい。
                      
お求めはこちらから⇒
 『インターネットを使って自宅で1億円稼いだ! 超・マーケティング』               ダイヤモンド社
   金森 重樹(著)  1575円(税込)

 マーケティング部門メルマガ読者数日本一の『回天の力学』を主宰する筆者が、ネットビジネスで絶対に成功するための法則を伝授する。
 内容的にレベルが高い話中心で、決して入門書とは云えないが、リアルビジネスとは根本的に発想の違うネットビジネスの現場に、マーケティングを超えた新しいビジネスのカタチに驚かされる。興味深い1冊。

                       
お求めはこちらから⇒
 『心理マーケティングで「付加価値」を高める技術』
                           ぜんにち出版
   山下 貴史(著)  1575円(税込)

 良い商品・サービスなのに、なかなか売れないとか、もっと売上げが伸びるはず、と云った起業家の声はよく聞く。そんな人のために、ちょっとの工夫で商品やサービスの付加価値を高め、売上をアップさせる方法を本書は紹介している。
 キーワードは「エンターテーメント感」。コレが人間の心理に働きかけ、購買行動を促す。最近流行の心理マーケティングを考える人には、お勧めの本だ。
                       
お求めはこちらから⇒
 『 儲かる!!集客革命 』    現代書林
   吉田 正幸(著)  1680円(税込)

 「開業したけど稼げない」。
 鍼灸・マッサージ・整体院、エステ、リフレ、理美容院など、技系の士業の世界では最近、よく耳にする台詞だ。
 技術さえ完璧なら、黙っていてもお客さんは集まると思い込んでいる起業家たち。その間違いを指摘し、、一日来院者200人の整体院を経営し、入門志願者が絶えない療術学院を経営する筆者が、お客さんとの接し方から集客ノウハウを分かりやすいタッチで伝授する。接客業で来店客数に悩む起業家向き。
                       
お求めはこちらから⇒
 『 ケータイ・マーケティング革命 』   汎世書房
   倉林 敏(著)  1470円(税込)

 電車の中刷り、新聞広告、TVCMなど目にするメディアが商品陳列棚になり、携帯電話がレジの役割をする新しい販売モデルが急成長している。
 本書は、この新しい販売ツールの携帯がモノの売り方を変え、電子POPと連携したマーケティング革命が起っていることを指摘する。ケータイ通販を始めようとする人、新規のマーケティングを学ぶ人には、必読の一冊だ。
                       
お求めはこちらから⇒
             

書籍トップページ



起業のための
こんな話、あんな話が
掲載されているメルマガです
    ↓ 
  
メルマガ購読・解除
起業を目指す人へ 「転ばぬ先の起業講座」   毎日発行
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
    
    


「転ばぬ先の起業講座」30歳を過ぎて真剣に人生と仕事を考える時の起業サイトです。